2006年10月11日

痩せるお茶

なかなかダイエットが思い通りに行かない私は、ある時、雑誌を見ていると痩せるお茶なるものが掲載されているのを発見。

何でも、中国古来のそのお茶は、食べたものの脂肪吸収を抑え、なおかつ既に体についている脂肪さえも分解し体外に排出するのだという。

そして、それを飲むだけでどんどん痩せていくというではないか!

今までのダイエットはかなりつらいものだったので、普通に食事をしてもただ飲むだけで痩せられるという魔法のようなお茶の記事に私は釘付けになった。

これだけ医学が発達しているのだから、痩せる薬や食べ物があっても全く不思議ではない。

雑誌には体験談や写真(使用前・使用後)がたくさん掲載されていた。
そしてその人たちは、本当にびっくりするほど痩せていたのだ。

私は、その広告をかなり長い時間見ていたように思う。

見れば見るほど、本当にそのお茶で痩せられるような気がしてきた。

そして、どうしてもそのお茶が欲しくなった。

そのお茶は1箱1万円という高価なものであったが、そんなことはお構いなしに即電話。

お茶は3,4日で届いた。

漢方薬風のそのお茶は熱湯でグツグツ煮出して飲むというもので、独特の色と香りをしていたが、それほど不味くもなかった。

私は早速届いた日の夜から飲み始めた。

これを全部飲み終える頃には、あの雑誌に掲載されていた人達のように痩せられるんだと思っていた。

あんなに痩せたらみんなビックリするだろうな・・・。

一ヶ月後が楽しみ♪

私は期待に胸を膨らませていた。

体重の変化は翌日から現われた。

この続きを読む前にクリックご協力お願いします。るんるん
ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
かわいい
banner_04.gif

ブログランキング

   
元来私は便秘症であったのだが、翌日から異常に便通がよくなったのだ。

下痢とまではいかないが、それに近い状態になった。

2日に1回くらいしかなかった便通が、1日3,4回あるのだ。

お腹もすごく痛いわけではないが、我慢ができる程度に痛かった。

今まで腸の中に溜まっていた宿便などが出されていくので、当然、体重は、1kgくらい落ちる。

しかし、腸の中が空っぽになっただけで、私の体についている脂肪が落ちたわけではないのだ。

が、バカな私は、痩せたと勘違いした。

おぉ〜! やっぱい中国○千年の歴史はすごい!

このままいけば本当に痩せる!


そう思うと、ちょっとくらいお腹が痛いのも全く気にならなかった。

痩せられるのなら、このくらいのお腹の痛さが何であろう!

そしてその日もお茶を飲み続けた。

しかし、悲劇は3日目から始まった。

大学の講義中腹痛に襲われ、トイレにいくとものすごい下痢状態。

そして、その腹痛と下痢は何回も続いたのだ。

とても授業を受け続ける状態ではなく、即帰宅。

こんな状態にも関わらず、その日も再びお茶を飲んだのだ。

それには理由がある。

下痢で脱水症状に近い状態になった私は、体重計に乗ると、その日もさらに0.5kgほど体重が減っていて、少し嬉しくもあったからだ。

しかし、腹痛は次の日になっても治まらないどころか、ますますひどくなった感じさえあった。
下痢が続き、大学にもバイトにも行けない状態が続いたのだ。

わ〜ん!これじゃあ、痩せる前に死んじゃうよぉ〜。。。

と危機感を感じ、そのお茶を飲むのを止めたのだ。

恥ずかしい事に、当時の私は短期間で楽して痩せることばかり考えていた。

しかし今なら分かる!

痩せたいのであれば、ある程度の努力と期間は必要なのだ。

短期間で楽して痩せられるなら、誰もこんなに苦労しないのだ!

今思うに、あの時のお茶は高価で強力な“下剤”だったようだ。
そのお茶の箱も広告もどこかに行ってしまい、今となってはお茶の名前さえ分からない。

私は、その後も懲りることなくいろんなお茶を試してみた。

グァバ茶・マテ茶・どくだみ茶・スリム茶・痩身茶・美麗茶・ルイボスティーなど。

確かに便通は良くなるし、もしかしたらちょっとは痩せたかもしれないけど広告の体験談にあるようなおぉ〜!と驚くような効果は全なかった。

痩せる効果があるといわれているお茶はたくさんあるが、お腹が痛くなるようなものは、腸を痛めるし体にも悪いので、やめたほうがいい。

でも、水分を摂ることはとってもよいので、お腹と体にやさしいお茶を選んで飲むのは悪いことではないと思う。

ただ、肝心の痩身作用は期待しないほうがいいと思う。


ガレッジセールのカワちゃんがこのダイエットで10kg痩せたらしいです。興味のある方はこちら↓をクリック





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25274759

この記事へのトラックバック