2006年11月16日

アイソメトリックダイエットとは・・・

●アイソメトリック運動とは・・・

私がダイエットに取り入れた運動とは、『アイソメトリック』というものだ。

既に日頃から運動をしている人や男性にはあまり向かないが、私のように筋力がなく基礎代謝量の少ない女性や運動嫌いの方、面倒くさがり屋の方などには向いている。

運動をしよう! 運動がしたい! という意志はあっても、運動のための時間がなかなかつくれない、運動が嫌い、面倒だという人は多い。

私のように根性なしで飽きっぽい人間の場合、無理をすれば継続することが難しくなってしまう。

そんな方には一日数分のトレーニングで、基本的な体力レベルをアップさせることのできるこの方法が向いているかもしれないですよ。

『アイソメトリック』は基礎代謝を高めるため、普段あまり使われていない身体の中でも大きな筋肉を鍛えるという方法だ。

筋肉は、全力で力を入れるとおよそ6〜7秒で最大筋力を発揮するようになる。
その状態でさらに数秒間力を入れ続けることでハイパワーのトレーニングになるのだ。

この運動は、短時間でエネルギーを使い果たすので、酸素の供給が間に合わず筋肉中に乳酸が溜まる。
そうするとこの乳酸を解消するため、体の代謝は上がる。
つまり『アイソメトリック運動』には、筋肉を大きくし代謝を上げる効果があるのだ。
その結果、体脂肪のつきにくい体づくりに非常に効果的なのだ。
もちろん、スポーツ選手が行うような、激しい筋力トレーニングは必要ない。

『アイソメトリック運動』の特徴と注意点とは・・・

身体の中でも大きな筋肉(大胸筋、広背筋、大腿四頭筋、腹直筋)を鍛える。
 大きな筋肉に的を絞って鍛えることによって短時間で効果的に代謝を上げるのだ。

●トレーニングする時間帯は、筋肉の修復に使われる成長ホルモンが分泌される時間成長ホルモンは入眠後約30分で活発に分泌される。)を考慮し、寝る30分前が最適。
 (私は、汗をかいてしまう季節はお風呂に入る前にやっています。)

●最も短期間で、効率よく最大に筋力が上がる秒数は7秒。
 (私は10〜15秒やっています。)

100パーセントの力(←こことっても大事)で行なう。

次回はいよいよ、実際の『アイソメトリック運動(実践編)』を写真付きでご説明します。

ちなみに写真でポーズをとっているのは私です。
さすがに恥ずかしいので顔は隠してありますが・・・。
それでもちょっと恥ずかしいかも・・・。
やっぱりお見苦しい私の写真ではなく絵にしようかなあ〜。
う〜ん、悩む!

ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング
  

ひらめき97.5%の成功率!これが最後のダイエット!


ひらめき今度こそ!ダイエットサプリ10日間無料体験者募集中!!

 
posted by tomo at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 成功体験記(運動編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜、次回楽しみです

某書店のサイトで「アイソメトリック」で検索したら、1970年の古書がひっかかってきました。ずいぶん昔からある理論なのですね。なのに、一般に広まらなかったのかしら?それとも知らずにやっているのか?どんなものか早く知りたいです、わくわく。
Posted by megudon at 2006年11月16日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27614288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。