2016年02月14日

美容整形を受けようと思ったきっかけ


若い頃から私のほっぺはお肉がたっぷりついていた。

太っていたということを考慮しても、必要以上にほっぺたに肉が付いていた。

若くて太っていた頃は肉に顔が埋まっていたといっても過言ではなかったと思う。


その後、ダイエットに成功するも、体は痩せても顔はぽっちゃりしていた。

肉に顔が埋まっていた状態からは脱したけれど、それでもやっぱり肉付きの良い頬だったのです。

そして四十代も後半にさしかかった今・・・

私の頬は見事にたるんでしまった。


今、冷静に考えてみると・・・

太ってたっぷり肉のついた頬をした女がダイエットをして痩せる。

そして歳をとって肌が老化する。

頬がたるむのは当然の話なのだ。


四十路を過ぎた頃から、それは私の悩みの種となった。

そして去年・・・

夫と旅行に行った時に撮った写真を見て私は愕然としたのです。


このオバちゃん誰?


写真に写った私の顔は、頬がブルドッグのようにたるんでいたのです。

もう、ほうれい線なんてレベルじゃないのです。

完全にブルドッグです。


この時、私は決めたのです。

もう化粧品なんてレベルじゃダメだ。

自力じゃどうにもならない。

美容整形しかない。

美容整形でフェイスリフトを受けようと・・・


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。