2006年09月22日

公開ダイエット

倖田来未の妹misonoが公開ダイエットを行うそうだ。
そういえば、ちょっと前に久しぶりにテレビ(うたばん)に出ているのを見た時、かなり太っていたので、ちょっとビックリした。
芸能人は、やっぱり痩せているほうがテレビ映りは全然いい!
彼女は今、続きを読む
posted by tomo at 14:52| Comment(0) | TrackBack(2) | ダイエット・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

食べ物を残す罪悪感

会社の同僚で仲良しのMちゃんが、退社することになった。
正式な送別会は来週行うのだが、それとは別に、昨夜はMちゃんと私、そしてHちゃん、Rちゃんの仲良し4人だけで個別の送別会をやった。

近くのイタリアンレストランでパーティーコースというのを予約していた。
Gattで夕食.jpg

女4人集まると話も弾みあっという間に時間は過ぎた。
すっごく盛り上がり、とても楽しかった。
そして料理もとても美味しかった。

特に本場イタリアから取り寄せたピザ窯で薪を使って焼き上げるピッツァは外はパリパリッ、中はモチモチでとってもGood!

デザートもすごく美味しかった。

が、しかし、量がちょっと多すぎた。
メンバーに一人でも男性がいれば何の問題もない量なのだが・・・。

料理は、とても美味しかったのだが、どちらかと言えば高カロリーなものが多かった。
その上、デザートまでしっかりある。

シェフの方には大変申し訳ないのだが、どうしても食べきれない。
パスタやピザが残ってしまった。

いや、美味しい料理なので、頑張れば食べられるのだと思うが・・・。
頑張ってまで食べるのはやはりちょっと・・・。
そこまでして食べようとする人は、さすがに今回のメンバーにはいなかった。

でも、なぜか、お腹いっぱいでも、デザートはみんなしっかり食べていた。
やはり、別腹なのだろうか。

でも、食べ物を残したり捨てたりするのって、すっごく抵抗ありません?

私は小さい頃から食べ物をを粗末にするととても怒られて育った。
ご飯粒なども、残してはいけないと教育されてきた。

『農家の人が一生懸命作ったものを残したらバチが当たるよ。』
『世の中には食べたくても食べられない人達がいるんだよ。』
などと、言い聞かされ、私はそれをもっともだと思っていた。
残さずご飯を食べると褒められたりしたものだ。

そのためか、私は、出されたものを全て食べるという習慣が身についた。
それが私をデブにした一因でもあったのだが、残すという事にとても罪悪感を感じるのだ。

そして、それは、ダイエットを始めた私にとって大きな支障となった。

自宅で食事をする時は、必要以上に作らないようにしているが、困るのは外食である。

外食って高カロリーのものが多いし、量も多い。

ダイエット中は、できれば少し残したいと思う時もある。

でも、罪悪感が・・・・・。ふらふら

『農家の人が一生懸命作ったものを残したらバチが当たるよ。』
『世の中には食べたくても食べられない人達がいるんだよ。』

という言葉が頭の中でこだまするのだ。

でも、痩せたい一心で、料理を作ってくれた人には本当に申し訳ないけど、心を鬼にして残させてもらっている。

確かに世の中には食べたくても食べられない人達がいる。
でも、私がこの食事を全て食べたからといって、その人達が飢えから救われるわけではない。
そう、自分に言い聞かせている。

だけど、未だに、食べ物を残すときは、罪悪感みたいなものが伴ってしまう。

惜しげもなく食事を残すことができたり、食べ物を捨てることができたりする人がある意味うらやましい。

私はダメだ。

小さいときに教育されたことって、きっとトラウマのように一生つきまとうのね。


昨夜も、Hちゃんが
『恥ずかしいからやめて!』
と制止するのも聞かず、お店の人に頼んで、ピザだけお持ち帰り用に包んでもらった。

だって、このまま捨てられちゃったらもったいないし、それにすご〜く美味しかったから、明日の朝にでも家でチンして食べようと思って。
お店の人も残されるよりも、そのほうが嬉しいと思うのよね。
快くピザを包んでくれました。

こうやって少しでも食べ物を残す罪悪感を軽くしようとする私。
貧乏くさいと思われるかもしれないが、私のトラウマみたいなものがそうさせるのよ。


こんな私でもさすがにパスタまでは包んでくれとは言わなかったけどね。

皆さんは、食事が食べきれない時、どうされてますか?
私のように、罪悪感みたいなものってありませんか?。


でも、きっとイマドキの子はこんな事、思わないんだろうな。

実際、昨夜も私以外の3人は、イマドキの子でもないにも関わらず、せっかくの料理が余ってしまっても何とも思っていない様子だった。
それどころか、Hちゃんにいたっては、私がお店の人に
『すいませ〜ん』
と声をかけた瞬間、かなり恨みがましい、そりゃあ、恐ろしい目で私を睨んでいた(ような気がする)。
そして私がお店の人に持ち帰りを依頼している間、自分はこの人とは関係ありませんから・・・って感じを思いっきりかもしだしていたのだ。
お店の人が私の依頼を快諾してくれたからよかったものの、そうでなかったら・・・。
私を更に怖い目で睨みつけたに違いない。

Hちゃんは帰り際、私に言った。
『tomoちゃんって本当に古臭いというかババくさい人なのね!』

うわぁ〜ん、やっぱりちょっと怒ってる!?


ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング


 
↑この『ローカロ生活』は、女優の秋野暢子さんが愛用している低カロリーのDiet食品で、以前NTV『メレンゲの気持ち』でも紹介されていました。
そういえば秋野暢子さんってダイエット本も出版しているし、スタイルもすごくいいですよね。
でもデビュー当時(かなり昔になりますが・・・)は今よりかなり太っていたそうです。
とにかくお値段が手頃なのがうれしい!
私も購入したことあるのですが味もいわゆるダイエット食品の味ではなく本当に美味しい。
放送中、他のゲスト達も大絶賛でした。
メニューもすごく豊富。
私が今そそられているのが、低カロパンと低カロケーキだ!
こんなものまであるのね。

posted by tomo at 14:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

たくさん美味しいものをもらった時

今日は我が家に夫の友人Yさんが遊びにきました。
実は我が家は、数ヶ月前、今の横浜のマンションに引っ越してきたのだ。
Yさんは夫の高校時代からの友人。
本当はもっと早くご招待したかったのだけれど、なかなか双方の都合が合わなくて、今日まで延び延びになってしまった。

Yさんの自宅からほど近いスイーツ店Pause Cafeのケーキを持参してくれた。
キャー、うれしいー!!
ここのスィーツ、私は食べたことがないのだが、噂で聞いたことがある。
甘さ控えめでとっても上品な感じのお菓子が多いんだって。
そして、この味でこのお値段でいいの?っていうくらい良心的なお値段らしい。
一度食べてみたいって思ってたのよね。

今日Yさんは『リンゴとバナナの焼きタルト』をホールで持ってきてくれた。
6等分くらいにカットするとちょうど良い大きさかな・・・。
これ↓がそのケーキです。
ケーキfromYanagi.JPG

早速、切って、3人で食べましょ!
って思っていたら、

『僕は、いいんで、後で二人で召し上がって下さい。僕は、美味しいものとかを人に食べてもらうのが好きなんです。』
と言う。
そう、Yさんってそういう人なの。

ありがとう、Yさん。

でも、ちょっと困った。ふらふら
だって、夫はそれほど甘いもの好きじゃない。
クッキーやケーキより、おせんべいという人だ。
せいぜい1カットしか食べないだろう。
と、すると、6カットするとして、あとの5カットは私の胃袋の中?

ヤッ、パバイ! ではないか!

賞味期限をチェック!
12月18日。
えっ、今日を入れて3日しかない。
ウ〜ン。

何はともあれ、Yさん帰宅後、早速ケーキをカットし、夫と食べてみた。

うっ、ウマイ!!オイシイよぉ〜!わーい(嬉しい顔)

とっても上品な味で、これならいくらでも食べられる!
夫も、
『おいしい!』
と言って大絶賛!

どうやら、残りを一人で全部食べなくてもよさそうだ。
でもこの味なら一人で全部食べてもよかったかも・・・。
そう思えるくらい美味しかった。

今日、もうちょっと食べたいけれど、ガマン、ガマン。ふらふら
残りは、明日、明後日と夫と分け合って少しずつ食べましょ!
ウフッ、楽しみだわ。わーい(嬉しい顔)


ダイエット中に、おいしいものをたくさんいただいて、それが日持ちのしないものだった時って、みなさん、どうされてますか?
嬉しいんだけれど、ちょっと複雑だったりしますよね。

太っていた頃の私なら、何の迷いもなく全て食べていた。
しかも、一日で!
夫がいらないと言おうものなら、ラッキー!ってな感じだったと思う。

でも、こうして、躊躇するようになったって事は、太りにくい食習慣が身についたってことなのかもしれないですね。

最近の私は、こういった時、ある裏技を使っている。

おいしいものの賞味期限が迫っているけど食べ切れそうもない時。
捨てるのは私のポリシーに反する。
かといって、全て胃の中に納めるのも、今の私には怖くてできない。

そういった時はですねえ〜、冷凍ですよ!

冷凍しておいて、食べるときに自然解凍。
こうすれば、賞味期限なんて関係ないもんね。
味も、さほど落ちないで美味しく食べられる。

以前の私なら、賞味期限がくる前に全て食べていたから、こんなこと関係なかったし、やる必要がなかったので、思いつきもしなかった。
だから、この冷凍術は私にとっては画期的な方法だ。

おいしいものをたくさんもらって、しかも賞味期限が近い時、もったいないからといって一気に全部食べたりしてませんか?

そういうことは、ダイエット中は絶対に禁物!爆弾

賞味期限が近いから・・・。
捨てたらもったいないもん。

いろいろな理由をつけてつい、たくさん食べちゃいがちですよね。

そんな時は、冷凍術を使って少しずつ食べましょ!

でも、やっぱり、おいしいものをもらうのって、ダイエット中であっても嬉しいですね。

美味しいものをいかに上手に食べるかが、ダイエット成功の鍵なのかもしれませんね。


ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング






 
↑この『ローカロ生活』は、女優の秋野暢子さんが愛用している低カロリーのDiet食品で、以前NTV『メレンゲの気持ち』でも紹介されていました。
そういえば秋野暢子さんってダイエット本も出版しているし、スタイルもすごくいいですよね。
でもデビュー当時(かなり昔になりますが・・・)は今よりかなり太っていたそうです。
とにかくお値段が手頃なのがうれしい!
私も購入したことあるのですが味もいわゆるダイエット食品の味ではなく本当に美味しい。
放送中、他のゲスト達も大絶賛でした。
メニューもすごく豊富。
私のお気に入りNo.1は、低カロから揚げ。
そして今そそられているのが、低カロパンと低カロケーキ!
こんなものまであるからすごい。

posted by tomo at 17:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。