2006年12月07日

生理周期でダイエット!?

昨日から食欲がすごくあって困っちゃう。
しかも、食後に甘いものが食べたくてしかたないのだ。

今朝、体重を図ってみたらは45.3kg。
ここ最近の体重の平均値は44.5kgだから、+0.8kg増である。
う〜ん、きっと生理前だからだ。
そうに違いない。
そういうことにしておこう。

知っている方も多いと思うが、女性は生理周期によって痩せやすくなったり、痩せにくくなったり、むくみやすくなったりする。

だから、女性は、生理周期をうまく利用して効果的にダイエットに取り組んだほうがよい

体にできるだけ負担をかけず、確実にダイエット効果をあげるためには、まず自分の生理周期を把握することが大切だ。

生理周期とは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)、この2種類が増減を繰り返して作られる。

生理前約7〜10日頃から生理中までの間は黄体ホルモンが分泌される。
この時期は新陳代謝が活発でなくなるため、体調が不安定でイライラしたり、むくんで体重が増加したりする。
体内に水分を溜め込みやすく、2キロ前後の水分貯蓄は普通におこる。
よってその分、体重も増加される訳だが、これは「脂肪が増えた」という事ではない。
生理が終わると元の体重に戻るので、焦る必要はないのだ。

ただ厄介なのが食欲が増進することだ。
これもホルモンの関係なのだが、食べ過ぎた結果、体重が増えてしまう事にも…。
この時期に無理にダイエットをしてもあまり効果がないので、無理をする必要はないのだが、食べ過ぎには要注意だ。爆弾
この時期は気持ちをリラックスさせて、次の痩せるタイミングを待つのがベストだ。

一方、生理が終わってからの約2週間は卵胞ホルモンの分泌が高まる。
この時期は食欲も体の水分も減り、脂肪が燃えやすくなり、体重が落ちやすくなる。
新陳代謝が活発で気分も体調も良くなるこの時期に運動や食事に気を配ると、とても効果的だ。

私の場合は、生理後に気合を入れてダイエットに取り組み、体重・体脂肪を減らす。
生理前〜生理終了までの時期に、生理後に減らした体重・体脂肪を増えないように維持。
これを頭に入れてダイエットしていけば、少しずつ確実に減ると思う。

個人の生理周期にもよると思うのだが、私の場合は、生理中は0.5kg〜1kgの体重増加があり、生理開始〜生理後1週間が痩せる時期、生理前2週間が太る時期と思っている。
これは、過去何度かのダイエット経験により分かった事だ。

なのでダイエット中だけは、生理が待ち遠しい!

自分の生理周期をきちんと把握して、リズムに逆らわない健康的なダイエットを目指すのが賢いダイエットではないだろうか。

リズムに無理に逆らって、思うような効果が上がらないと、ストレスの増加にもなりかねないからね!

とりあえず、生理よ!早くきてくれ〜!

そしてこの食欲よ!治まってくれ〜!

ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。