2006年11月11日

ウォーキング

私のダイエットはカロリーコントロールをすることから始まった。
カロリー計算はかなりいい加減で大雑把なものであったが、社会人になるまでの半年間で、52kgから48kgに痩せる事ができた。

しかし、その後は何ヶ月も全然体重が減らなかった。
それどころか、ちょっと油断すると体重はすぐに50kgを超えてしまう。


お腹に肉がつき、9号サイズのスカートがきつくなってしまうのだ。
私は太るとまずお腹と腰周りにお肉がつき、スカートがきつくなるのだ。
私の体重は48kg〜52kgの間をウロウロしていた。

別にダイエットを止めたわけではない。
相変わらずカロリー控えめな食事をしているはずなのにこれは一体どういうことなのか・・・。


私の周りには、今まで体重が50kgを越えた事がない、洋服はいつも9号サイズ、という女たちがいっぱいいるのに・・・。

彼女たちがそれほど食事に気を遣っているとは到底思えない。

それどころか、よく見ると私の1.5倍くらいは食べているではないか!

『何でだよぉ〜!』

私は憤慨していた。

この続きを読む前にクリックご協力お願いします。るんるん

ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング
  

続きを読む
posted by tomo at 19:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 成功体験記(運動編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

アイソメトリックダイエットとは・・・

●アイソメトリック運動とは・・・

私がダイエットに取り入れた運動とは、『アイソメトリック』というものだ。

既に日頃から運動をしている人や男性にはあまり向かないが、私のように筋力がなく基礎代謝量の少ない女性や運動嫌いの方、面倒くさがり屋の方などには向いている。

運動をしよう! 運動がしたい! という意志はあっても、運動のための時間がなかなかつくれない、運動が嫌い、面倒だという人は多い。

私のように根性なしで飽きっぽい人間の場合、無理をすれば継続することが難しくなってしまう。

そんな方には一日数分のトレーニングで、基本的な体力レベルをアップさせることのできるこの方法が向いているかもしれないですよ。

『アイソメトリック』は基礎代謝を高めるため、普段あまり使われていない身体の中でも大きな筋肉を鍛えるという方法だ。

筋肉は、全力で力を入れるとおよそ6〜7秒で最大筋力を発揮するようになる。
その状態でさらに数秒間力を入れ続けることでハイパワーのトレーニングになるのだ。

この運動は、短時間でエネルギーを使い果たすので、酸素の供給が間に合わず筋肉中に乳酸が溜まる。
そうするとこの乳酸を解消するため、体の代謝は上がる。
つまり『アイソメトリック運動』には、筋肉を大きくし代謝を上げる効果があるのだ。
その結果、体脂肪のつきにくい体づくりに非常に効果的なのだ。
もちろん、スポーツ選手が行うような、激しい筋力トレーニングは必要ない。

『アイソメトリック運動』の特徴と注意点とは・・・

身体の中でも大きな筋肉(大胸筋、広背筋、大腿四頭筋、腹直筋)を鍛える。
 大きな筋肉に的を絞って鍛えることによって短時間で効果的に代謝を上げるのだ。

●トレーニングする時間帯は、筋肉の修復に使われる成長ホルモンが分泌される時間成長ホルモンは入眠後約30分で活発に分泌される。)を考慮し、寝る30分前が最適。
 (私は、汗をかいてしまう季節はお風呂に入る前にやっています。)

●最も短期間で、効率よく最大に筋力が上がる秒数は7秒。
 (私は10〜15秒やっています。)

100パーセントの力(←こことっても大事)で行なう。

次回はいよいよ、実際の『アイソメトリック運動(実践編)』を写真付きでご説明します。

ちなみに写真でポーズをとっているのは私です。
さすがに恥ずかしいので顔は隠してありますが・・・。
それでもちょっと恥ずかしいかも・・・。
やっぱりお見苦しい私の写真ではなく絵にしようかなあ〜。
う〜ん、悩む!

ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング
  

ひらめき97.5%の成功率!これが最後のダイエット!


ひらめき今度こそ!ダイエットサプリ10日間無料体験者募集中!!

 
posted by tomo at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 成功体験記(運動編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

アイソメトリック運動(実践編)

『アイソメトリック運動(実践編)』です。

私は以下に示す4つのメニューを毎日(基本的にですが・・・)行なっています。
ちなみに写真でポーズをとっているのは私です。(恥ずかしい〜!)

家族に頼み込んでいつものトレーニング姿を撮ってもらったのですが、どうせならもっとお洒落なウエアを着て撮ってもらえばよかったとちょっと後悔しています。
でも、かなり面倒くさそうにデジカメ撮影していたので、再び撮り直しの依頼なんかできません。
そんな事頼もうものなら、文句ブーブー だと思われます。
お見苦しいかと思いますが、ご勘弁ください。

ちょっとモデルのポーズが説明と違うんじゃないの?
っていうようなツッコミも凹みますのでご勘弁くださいね。

それでは・・・
まず、注意点ですが、

●トレーニングする時間帯は、筋肉の修復に使われる成長ホルモンが分泌される時間。
(成長ホルモンは入眠後約30分で活発に分泌される。)を考慮し、寝る30分前に行なう。
※私は、汗をかいてしまう季節はお風呂に入る前にやっています。)

●最も短期間で、効率よく最大に筋力が上がる秒数は7秒。
 (私は10〜15秒行っています。)

100パーセントの力(←こことっても大事)で行なう。


1.大胸筋
・胸を張った状態で腕を前に伸ばす。
・肘を軽く曲げ、胸の前で手のひらの付け根を合わせる。
・この時、手の位置は胸より少し離した所に置くと、より効果的。
・自分がだせる100%の力で両手を同時に押し合い、その状態を7秒以上キープ。
体操(大胸筋).jpg
・大切なのは両手に力を入れている間、左右鎖骨からバストにかけ力が入っていること。
・これを5回繰り返す。

Point! 左右の鎖骨からバストにかけて力が入っていることを確認する。


2.広背筋
・床にうつ伏せになり、両腕と両足をやや開いた状態でまっすぐ伸ばす。
・対角にある腕と足(右腕と左足)を同時に床から少し上げ、7秒以上キープ。
体操(広背筋).jpg
・脇腹から背中にかけ力が入っていること。
・床から上げる腕と足を変えて、交互に5回ずつ繰り返す。

Point! わき腹から背中に力が入っていることを確認する。


3.大腿四頭筋
・椅子に座り、両足の膝下を45度まであげ、その状態で右足を左足の上にクロスさせる。
・上になった右足は左足を押し下げるように力を入れ、左足はそれを跳ね返すよう上方向に力を入れ7秒以上キープ。
体操(大腿四頭筋).jpg
・左右の足を組替えて交互に5回ずつ繰り返す。

Point! 太ももの内側に力が入っていることを確認する。


4.腹直筋
・背筋を伸ばした状態で椅子に座る。
・腕を伸ばして両手を重ねて片方の膝の上に当てる。
・手を当てた膝を上に上げると同時に、両腕で下に押し付けるよう力を入れ、7秒以上キープ。
体操(腹直筋).jpg
・この時足や腕だけでなく、お腹全体に負担が加わるようにする。
・手を乗せる膝を変える。交互に5回ずつ繰り返す。

Point! お腹に力が入っていることを確認する。

ねっ!
本当に簡単でしょ?
それぞれの運動を5回1セットとして、その日の体調や体力に合わせて何セット行ってもOKです。
もちろん、時間がない時は1セットのみでも効果的ですよ!
1日わずか数分で筋肉の機能を高めて基本的な体力レベルをアップしてくれます。
但し、元々筋力の多い男性や女性でも日頃運動をしている人にはあまり向かないです。

まあそういう訳で、極めて私向きの運動といえるのかもしれない。

私のようなタイプのダイエッターにはお勧めです。

ダイエットをして基礎代謝量が下がってしまった人はぜひやってみてください。

ただ今下記のランキングに登録中です。応援していただけると励みになります。
クリックご協力お願いします。
かわいい

banner_04.gif  ブログランキング
  
ひらめき97.5%の成功率!これが最後のダイエット!


ひらめき今度こそ!ダイエットサプリ10日間無料体験者募集中!!

 
posted by tomo at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 成功体験記(運動編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。